読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サーバ構築メモ - Bondingの設定

NICを2枚用意してBondingにします。
ここを参考にやりました。

bondingモジュールの設定

[root@serv01 ~]# vi /etc/modprobe.d/bonding
alias bond0 bonding
options bonding mode=0 miimon=200

bondingインターフェースの設定

[root@serv01 ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0
DEVICE=bond0
BOOTPROTO=static
BROADCAST=192.168.65.255
IPADDR=192.168.65.10
NETMASK=255.255.255.0
NETWORK=192.168.65.0
GATEWAY=192.168.65.1
ONBOOT=yes

bondインターフェースへ参加させるethXの設定

[root@serv01 ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
[root@serv01 ~]# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1
DEVICE=eth1
BOOTPROTO=static
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes

設定が完了したら再起動。

テストしてみよう

サーバの外から先ほどのサーバにpingを投げ続ける。
でイーサケーブルを片方ずつ抜いてpingが継続的に実行出来ることを確認する。

サーバでmessagesをtailしておくとなお楽しい。

[root@serv01 ~]# tail -f /var/log/messages
Oct  7 23:09:42 serv01 kernel: r8169: eth0: link down
Oct  7 23:09:42 serv01 kernel: bonding: bond0: link status definitely down for interface eth0, disabling it
Oct  7 23:10:19 serv01 kernel: r8169: eth0: link up
Oct  7 23:10:19 serv01 kernel: bonding: bond0: link status definitely up for interface eth0.
Oct  7 23:10:35 serv01 kernel: e100: eth1: e100_watchdog: link down
Oct  7 23:10:35 serv01 kernel: bonding: bond0: link status definitely down for interface eth1, disabling it
Oct  7 23:11:17 serv01 kernel: e100: eth1: e100_watchdog: link up, 100Mbps, full-duplex
Oct  7 23:11:17 serv01 kernel: bonding: bond0: link status definitely up for interface eth1.
Oct  7 23:11:55 serv01 kernel: bond0: duplicate address detected!

link up、link downを眺めならpingが通ることを確認すると良いと思います。

うん、地味に楽しいw