読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Database Migration Pluginでcontextを使用する

LiquibaseではchangeSetにcontext属性が設定できます。このcontext属性を使用することで、実行時に適用するchangeSetの範囲を指定できます。

databaseChangeLog = {

    changeSet(author: "yamkazu", id: "default-ctx") {
        ...
    }

    changeSet(author: "yamkazu", id: "prod-ctx", context: "prod") {
        ...
    }

    changeSet(author: "yamkazu", id: "test-ctx", context: "test") {
        ...
    }
}

実行時にcontextを指定するには--contextsオプションを使用します。

grails> dbm-update --contexts="test"

いくつかの特徴的なルールがあるので以下にまとめます。

  • 複数指定する場合はカンマで区切る
  • changeSetでcontextが無指定の場合は常に実行される
  • --contextsを指定しないとすべてのコンテキストが対象になる

後ろ2つが若干わかりにくいですが、--contextsの指定と実行されるidは以下のようになります。

  • dbm-update - default-ctxtest-ctxtest-ctxのchangeSetを実行
  • dbm-update --contexts="test" - default-ctxtest-ctxのchangeSetを実行
  • dbm-update --contexts="test,prod" - default-ctxtest-ctxtest-ctxのchangeSetを実行

特に指定しないとすべてのコンテキスト実行される点は注意が必要です。例えばtestのようなコンテキストを作成した時点で、本番環境に適用する際には明示的に何かのコンテキストを指定しないと、testを含む全てのchangeSetが適用されるといった動作をします。この場合は実際にそのコンテキストが存在するかは別として、明示的に何らかの適当なコンテキストを指定しておく必要があります。

updateOnStartでアプリケーション起動時に連動させるにはConfig.groovyでgrails.plugin.databasemigration.updateOnStartContextを指定してください。

grails.plugin.databasemigration.updateOnStartContext="prod"